1. バッグの入れ替えの注意点やデメリットなどを教えてください

バッグの入れ替えの注意点やデメリットなどを教えてください

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については
現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

他院で豊胸しましたが、拘縮が起きてしまったため、バッグの除去+大胸筋下でサイズを小さくしたものを入れたいと考えています。
注意点やデメリット、拘縮の起こる確率など細かいことを何でも教えてください。

回答

バッグの拘縮はバッグの宿命でもあります。
一般的な事を言うと、一度カプセル拘縮を起こした方は、2回目の手術もカプセル拘縮が起きる可能性があります。
なお、今のバッグの場所は乳腺下でしょうか?今乳腺下でバッグの位置が良い場合、今と同じカプセルを利用してバッグを入れると、痛みも楽でカプセル拘縮のリスクも少ないです。逆に今の位置が悪かったり、大きめのバッグを入れるため、カプセルを広げるとカプセル拘縮が起こり易いです。
また、乳腺下を大胸筋下で入れ替えた場合、痛みはかなり強いと思います。ただ、術前の要素で乳腺下から取り出して大胸筋下に入れ替えなければならない場合も多いです。なお、この際にはダブルバブルと呼ばれる乳房下縁の段差に注意して手術しないといけません。
なお、当院では、バッグを取り出す方にバッグの入れ替えの代わりに、CRFというご自身の脂肪組織を注入するコンデンスリッチ豊胸をおすすめしております。取り出しと同時にできますし、ご自身の脂肪が生着して残りますからとても自然で美しいバストに仕上がります。
いままでたくさんの方に喜んでいただいている手術のひとつです。
また当院では上記、バッグの取り出しと同時のCRF豊胸も毎日のように実施していますし、他院のドクター向けにCRF豊胸を指導する国内唯一の認定機関でもあります。そういう意味で技術や設備、スタッフに関してはまずご安心していただいて大丈夫ですよ。
よろしければ一度カウンセリングにいらしてみてください。超音波で実際のバッグの状態をきちんと診察させていただきます。

Dr.千葉が責任を持ってお答えします ささいな事でもお気軽にご相談ください

Dr.千葉が責任を持ってお答えします。 ささいな事でもお気軽にご相談ください

  • ドクターメール相談
  • 写メール相談
  • エコー診断予約

Dr.千葉が責任を持ってお答えします。 お気軽にご相談ください

  • ドクターメール相談
  • 写メール相談
  • エコー診断予約

新着ドクターブログ

横浜院スタッフブログ

初めて豊胸手術を受ける方へ

トラブル治療が無料!?

シリコンバッグの不安を解消 豊胸バッグ&乳腺のエコー検診

ヒアルロン酸豊胸豊胸トラブルでお悩みの方へ

アクアフィリング(アクアリフト)豊胸 その真実をご存知ですか?

見た目にこだわる漏斗胸治療 モニター募集中

豊胸シリコンバッグ外来

豊胸脂肪注入しこり外来

豊胸ヒアルロン酸注入しこり外来